カテゴリー別アーカイブ: 園からのお知らせ

緊急事態宣言の解除を受けた段階的な園児の受入れについて

令和2年5月22日

保護者の皆様へ

梅ノ宮保育園
京都市

緊急事態宣言の解除を受けた段階的な園児の受入れについて(5月21日現在)

 平素は,本市の児童福祉行政に御理解と御強力をいただき,誠にありがとうございます。
とりわけ,本年4月17日から新型コロナウイルス感染症感染拡大防止を図る緊急的な取組として,保育園等の受入条件の厳格化を図り,多くの保護者の皆様に御協力をいただいた結果,園児の登園率は大幅に低下し,保育施設における感染拡大の防止に大きくつながりました。改めて御礼申し上げます。
皆様のこうした御協力もあり,5月21日付けで京都府に対する緊急事態宣言が解除されました。これを受け,6月1日以降の保育の対象世帯等について,以下のとおり取り扱いますので,引き続き,御理解・御協力をいただきますようお願いします。

1 保育の対象世帯等の変更について
⑴  基本的な考え方
これまで,本市では,保育園等については,園児及び保護者の生活維持や社会基盤のため必要なサービスであると判断し,施設における感染防止対策を徹底するとともに,自宅での保育が可能な方は登園を控えていただくよう依頼するなど,子どもたちの感染リスクを可能な限り下げる中で,運営を継続してまいりました。
今回,京都府に対する緊急事態宣言は解除されましたが,今後,第2波,第3波も想定されることから,段階的に受入基準を緩和していくこととします。
⑵  保育の対象世帯等
6月1日から,以下のとおり変更します。
ア 保育の対象世帯
自宅での保育が困難な方
ただし,可能な限り,家庭での保育に御協力いただきますようお願いいたします。
また,園児はもとより,御家族の中で風邪の症状(発熱,咳,鼻水,下痢など)等が見られる 方がいる場合(発熱等の症状が改善してから24時間経っていない等)は,感染拡大防止の観点から,登園を控えてください。
イ 適用時期
令和2年6月1日(月)から令和2年6月14日(日)まで
※5月31日までは現行どおりの取扱いとします。

<参考:5月31日(日)までの保育の対象世帯>
原則として,全ての保護者が下記①②のいずれかに該当する世帯を対象に,開所します。
①②に該当しない世帯に対しては,家庭での保育を強く要請します。
なお,①②に該当する場合であっても,利用者の方はもとより,世帯の中で風邪の症状(発熱,咳,鼻水,下痢など)等が見られる方がいる場合は,感染拡大防止の観点から,利用を控えていただくよう依頼します。
① 就労のため,職場への出勤が必要な場合
② 福祉的配慮(障害,出産,介護,その他の配慮の必要な事項)の必要な場合

⑶  利用者負担額(保育料)の取扱い
新型コロナウイルス感染症対策に関連して,保育園等の登園を自粛した児童については,登園を自粛した日に応じて,日割り計算を行い,保育料を減額する取扱いを行うこととしていますが,今回,家庭での保育の協力依頼の期間が6月14日まで継続したことから,保育料日割り計算の取扱いについても,6月14日まで継続いたします。
登園自粛期間中の保育料については,いったん全額お支払いいただいたのち,後日還付額等についてお知らせを行う予定です。
⑷  留意点
登園を控えていただいた場合でも,子どもの相談等については,さまざまな相談窓口(別紙1参照)で受け付けていますので,是非,御利用ください。

2 6月15日以降の対応について
保育園等は,利用者及びその家族の生活維持や社会基盤のため必要な施設であることを踏まえ,京都府の行動自粛再要請基準,注意喚起基準(別紙2参照。状況等について本市ホームページ「京都市情報館」等において表示)を目安に,以下の3段階で対応することとします。
なお,受入基準を変更する際には,その都度,一定の周知・準備期間を置いたうえで,連絡をします。(6月15日以降の具体的な取扱については,後日,お知らせします。)
⑴  行動自粛再要請段階(フェーズ赤)
重点的な感染防止対策を実施する必要があることから,保育の対象世帯については上記「1⑵イ」の箱書き内 「5月31日(日)までの保育の対象世帯」のとおりとします。
⑵  注意喚起段階(フェーズ黄)
感染防止対策への一定の注意が必要なことから,上記「1⑵ア」のとおり,「家庭保育の協力依頼」を実施します。
⑶  社会経済と感染防止の両立段階(フェーズ青)
通常どおりの対応とします。

3 子育て支援施設の対応一覧 
別紙3のとおり

4 感染症対策の徹底のお願い
・ 免疫力を高めるため,十分な睡眠,適度な運動やバランスのとれた食事を心がけるようにしてください。
・ 手洗いや咳エチケット等,基本的な感染症対策を徹底してください。

○ 帰宅時や調理の前後,食事の前などにこまめに石鹸やアルコール消毒液などで手を      洗いましょう。
○ 咳などの症状がある場合は,咳やくしゃみを手で押さえると,その手で触ったものにもウイルスが付着し,ドアノブ等を介して他の方に病気をうつす可能性がありますので,マスクを着用する等,咳エチケットを行ってください。
○ 持病がある方などは,公共交通機関や人混みの多い場所を避けるなど,より一層       注意してください。

5 登園前の健康観察の実施等
・ 登園前に,発熱や咳などの風邪の症状はないかなど,健康観察を行ってください。
・ お子様や御家族に発熱や咳等の風邪の症状がみられる場合や登園に当たって不安を感じられる場合(発熱等の症状が改善してから24時間経っていない等)は当園に連絡のうえ,登園を控えてください。(特に,お子様や御家族の方でPCR検査を実施される場合や検査結果が判明した場合(陰性の場合も含む)には,速やかに当園まで連絡いただきますようお願いいたします。なお,園児又は当園の職員においてPCR検査で陽性反応が出た場合は,最終登園日(出勤日)の翌日から14日間は園を休園することを基本的な考え方としています。)
・ 別紙4の「目安」に該当すると思われる場合の本市の相談先は,「帰国者・接触者相談センター(電話075-222-3421,土・日・祝日を含む24時間対応)となります。

6 その他
・ 当園においては,新型コロナウイルス感染症を理由とする差別や偏見などの人権侵害が生じないよう,十分に配慮して指導しておりますので,保護者の皆様におかれましても,御理解と御協力をお願いいたします。
・ 新型コロナウイルス感染症におきましては,日々状況が変化していることから,今後の状況により,改めて保護者の皆様に御協力をお願いする場合がありますので,御承知おきください。

 

別紙1
子育て支援に係る主な子育て相談窓口の連絡先

1 各区役所・支所子どもはぐくみ室 ○ 相談内容:子育てに関する悩みなど総合的な相談 ○ 連絡先 :裏面参照 ○ 対応時間:午前8時半から午後5時(土日祝日及び年末年始除く)

2 京都市児童相談所 ○ 相談内容:子育ての不安,不登校,非行,子どもを家庭で育てられない等の相談 ○ 連絡先 ・ 南区,伏見区以外の方 :京都市児童相談所(801-2929) ・ 南区,伏見区にお住まいの方:京都市第二児童相談所(612-2727) ○ 対応時間:午前8時半から午後5時(土日祝日及び年末年始除く) ○ その他 :子どもの虐待の相談や通告については,以下の電話でも対応しています。 (24時間365日対応) 子ども虐待SOS専用電話 :801-1919 児童相談所虐待対応ダイヤル:189(通話料無料)

3 京都市発達相談所 ○ 相談内容:子どもの発達相談(発達の遅れ,きこえやことばの不安など) ○ 連絡先 ・ 南区,伏見区以外の方 :京都市発達相談所(801-9182) ・ 南区,伏見区にお住まいの方:発達相談部門(612-2700) ○ 対応時間:午前8時半から午後5時(土日祝日及び年末年始除く)

4 親と子のこころのほっとライン ○ 相談内容:親と子それぞれの子育ての悩み,友人関係や身体に関する悩みなど 例 親や保護者の方:子育て,しつけ,子どもの教育,親子関係など 子ども :友達,勉強,進路,学校などの悩み ○ 連絡先 :801-1177 ○ 対応時間:午前9時から午後4時30分(火曜日(祝日の場合は翌平日)及び年末年始除く)

その他,子育て支援施策については,以下HPを御確認ください。               ○ 京都はぐくみアプリ https://www.kyoto-kosodate.jp/app                    ○ 京都市子ども若者はぐくみウエブサイト https://www.kyoto-kosodate.jp/ 新型コロナウイルス感染症拡大防止のため,当面の間,以下のとおり,区役所・支所 の開庁時間が短縮されていますので,御注意ください。                          子どもはぐくみ室開庁時間 ○区役所・支所 午前9時半~正午,午後1時~午後4時(土曜・日曜・祝日・年末年始除く) ○京北出張所 午前8時半~正午,午後1時~午後5時(土曜・日曜・祝日・年末年始除く)

別紙2

別紙3 別紙4

 

*京都市のHPにも同じ内容のものが掲載されています。あわせてご覧ください。

行事等の変更のお知らせ(令和2年5月16日)

新型コロナウイルス感染予防のために、登園自粛をはじめ様々な面でご協力いただきましてありがとうございます。京都は5月14日の行政方針の発表により、5月末までの緊急事態宣言によります自粛要請につきまして、今しばらくご協力のほどよろしくお願いいたします。緊急事態宣言が解除されたのちも、感染予防のための対策として5月中旬以降6~7月の行事につきましては、下記の通りといたします。

中止及び延期するもの

・5月20日(水) 茶道教室(きく組) 中止

・5月21日(木) 体操教室(ふじ組) 中止

・5月22日(金) リズム教室(ふじ、きく組) 中止

・5月27日(水) 体操教室(きく組) 中止

・6月6日(土) 給食試食会及びクラス別懇談会 中止

耳鼻科検診、内科検診は延期して9月以降に行います。

内容等を変更して行う予定のもの

・6月8日(月) 4,5月生まれのお誕生日会(各学年ごとに行います)

・6月10日(水) 時の記念日(各クラスにて行います)

・6月18日(木) リズム教室(ふじ・きく組)

・6月23日(火) 茶道教室(きく組)

・6月25日(木) 体操教室(ふじ組)

・6月26日(金) 体操教室(きく組)

・6月29日(月) 6月生まれのお誕生日会

・7月3日(金) 七夕

・7月10日(金) プール開き

・7月18日(土) 夕涼み会 午前中開催(飲食無し) 在園児と保護者のみの参加

・7月27日(月) 7、8月生まれのお誕生日会

なお、今後の状況により予定を変更する場合があります。

自粛延期についてのお知らせ

梅ノ宮保育園の保護者の皆様にお知らせいたします。令和2年4月28日付で新型コロナウイルスの感染拡大防止の為の登園自粛が、5月31日まで延期されました、つきましては一層のご協力をお願いいたします。

令和2年4月30日

保護者の皆様へ

梅ノ宮保育園

京都市

新型コロナウイルスの感染拡大防止のための緊急の取組について(4月28日現在)

平素より,本市の児童福祉行政に御理解と御協力をいただき,ありがとうございます。
さて,新型コロナウイルス感染症拡大の懸念が続く中で,一層の感染拡大防止を図る緊急的な取組として,令和2年4月17日から保育園等の受入条件の厳格化を図ったところです。その後,この方針に基づき,多くの保護者の皆様に御協力をいただいていた結果,園児の登園率は大幅に低下し,保育施設における感染拡大の防止に大きくつながっているものと考えております。
一方で,国における緊急事態宣言の期間延長の判断時期は未定である中,本市における感染者も依然として発生している状況や子どもの安心・安全を第一に考えた場合,引き続き感染拡大防止の徹底を図る必要があると判断し,現在の取組について下記のとおり期間を延長することといたしましたので,御理解・御協力をいただきますようお願いします。

1 当面の間における保育の取扱いについて
⑴  保育の対象世帯 継続
原則として,全ての保護者が①②のいずれかに該当する世帯を対象に,開所します。
① 就労のため,職場への出勤が必要な場合
② 福祉的配慮(障害,出産,介護,その他の配慮の必要な事項)の必要な場合
⑵ 自宅での保育の依頼 継続
在宅勤務等,上記①②に該当しない世帯は,家庭で保育いただくようお願いします。
なお,上記①②に該当する場合であっても,園児はもとより,御家族の中で風邪の症状(発熱,咳,鼻水,下痢など)等が見られる方がいる場合は,感染拡大防止の観点から,登園を控えてください。
⑶ 上記の適用時期 変更あり
4月17日(金)から5月31日(日)まで
⑷ その他 継続
登園を控えていただいた場合でも,子どもの相談等については,さまざまな相談窓口(別紙1参照)で受け付けていますので,是非,御利用ください。
なお,6月1日以降の取扱いについては,改めてお伝えします。

2 子育て支援施設の対応一覧 変更あり
別紙2のとおり

3 利用者負担額(保育料)の取扱い 変更あり
新型コロナウイルス感染症対策に関連して,保育園等の登園を自粛した児童については,登園を自粛した日に応じて,日割り計算を行い,保育料を減額する取扱いを行うこととしていますが,今回,家庭での保育の協力依頼の期間が5月31日まで継続したことから,保育料日割り計算の取扱いについても,5月31日まで継続いたします。
登園自粛期間中の保育料については,いったん全額お支払いいただいたのち,後日還付額等についてお知らせを行う予定です。

4 感染症対策の徹底のお願い 継続
・ 免疫力を高めるため,十分な睡眠,適度な運動やバランスのとれた食事を心がけるようにしてください。
・ 手洗いや咳エチケット等,基本的な感染症対策を徹底してください。                                      ◎帰宅時や調理の前後,食事の前などにこまめに石鹸やアルコール消毒液などで手を洗いましょう。
◎咳などの症状がある場合は,咳やくしゃみを手で押さえると,その手で触ったものにもウイルスが付着し,ドアノブ等を介して他の方に病気をうつす可能性がありますので,マスクを着用する等,咳エチケットを行ってください。
◎持病がある方などは,公共交通機関や人混みの多い場所を避けるなど,より一層注意してください。

5 登園前の健康観察の実施等 継続
・ 登園前に,発熱や咳などの風邪の症状はないかなど,健康観察を行ってください。
・ お子様や御家族に発熱や咳等の風邪の症状がみられる場合や利用に当たって不安を感じられる場合は当園に連絡のうえ,登園を控えてください。
・ お子様に発熱や咳等の風邪の症状があり,医療機関を受診した結果についても,当園まで連絡をお願いします。(特に,お子様や御家族の方でPCR検査を実施される場合や検査結果が判明した場合(陰性の場合も含む)には,速やかに当園まで連絡いただきますようお願いいたします。なお,園児又は施設職員においてPCR検査で陽性反応が出た場合は,最終登園日(出勤日)の翌日から14日間は園を休園することを基本的な考え方としています。)
・ 以下の症状が続く場合は,速やかに,帰国者・接触者相談センター電話075-222-3421,   土・日・祝日を含む24時間対応)に御相談いただくとともに,当園まで連絡をお願いします。

風邪の症状や37.5℃以上の発熱が4日以上続いている(解熱剤を飲み続けなければならないときを含む)
強いだるさ(倦怠感)や息苦しさ(呼吸困難)がある
※ 基礎疾患等がある方や妊婦の方は,上の状態が2日程度続く場合

6 その他 継続
・ 当園においては,新型コロナウイルス感染症を理由とする差別や偏見などの人権侵害が生じないよう,十分に配慮して指導しておりますので,利用者の皆様におかれましても,御理解と御協力をお願いいたします。
・ 新型コロナウイルス感染症におきましては,日々状況が変化していることから,今後の状況により,改めて保護者の皆様に御協力をお願いする場合がありますので,御承知おきください。

【別紙1】

子育て支援に係る主な子育て相談窓口の連絡先
1 各区役所 ・ 支所子どもはぐくみ室
○相談内容 子育てに関する悩みなど総合的な相談
○連絡先 :裏面 参照
○対応時間:午前8時半から午後5時(土日祝日及び年末年始除く)
2 京都市児童相談所
○相談内容 子育ての不安,不登校,非行,子どもを家庭で育てられない等の相談
○連絡先
・南区,伏見区以外の方 京都市児童相談所(801-2929)
・南区,伏見区にお住まいの方 京都市第二児童相談所(612-2727)
○対応時間:午前8時半から午後5時(土日祝日及び年末年始除く)
○その他 :子どもの虐待の相談や通告については 以下 の 電話でも対応しています 。
(24時間365日対応)
子ども虐待SOS専用電話:801-1919
児童相談所
虐待対応 ダイヤル:189 (通話料無料)
3 京都市発達相談所
○相談内容:子どもの発達相談(発達の遅れ,きこえやこ と ばの不安など)
○連絡先
・南区,伏見区以外の方 :京都市発達相談所(801-9182)
・南区,伏見区にお住まいの方:発達相談部門(612-2700)
○対応時間:午前8時半から午後5時(土日祝日及び年末年始除く)
4 親と子のこころのほっとライン
○相談内容 親と子 それぞれ の子育ての悩み,友人関係や身体に関する悩みなど
例 親や保護者の方:子育て,しつけ,子どもの教育,親子関係など
子ども:友達,勉強,進路,学校などの悩み
○連絡先 801 ー1177
○対応時間 :午前9時から午後4時30分 (火曜日(祝日の場合は翌平日)及び年末年始除く)
その他,子育て支援施策については,以下HPを御確認ください。
○京都はぐくみアプリ
https://www.kyoto-kosodate.jp/app
○京都市子ども若者はぐくみウエブサイト
https://www.kyoto-kosodate.jp/

【別紙2】

新型コロナウイルス感染症の感染拡大防止に係る市内の子育て支援施設等の対応(4月28日現在)
1 所管施設における対応
(1) 保育園等(保育園、認定こども園、小規模保育事業所等)
ア 通常保育に係る取り扱い
原則として、すべての保護者が下記①②のいずれかに該当する世帯を対象に、開所します。
①②に該当しない世帯に対しては、家庭での保育を強く要請します。
尚、①②に該当する場合であっても、利用者の方はもとより、世帯の中で風邪の症状(発熱、咳、鼻水、下痢など)が見られる方がいる場合は、感染拡大防止の観点から、利用を控えていただくよう依頼します。
① 就労のため、職場への出勤が必要場合
② 福祉的配慮(障害、出産、介護、その他配慮の必要な事項)の必要な場合
*期間は5月31日までとし、以降は、状況を踏まえたうえで改めて判断します。
イ 一時預かり事業
保護者等に対し、緊急性が乏しい場合は、利用を控えていただくよう依頼したうえで、受け入れを行うこととします。
ウ 病児・病後児保育事業
保護者等に対し、児童の状況等により、新型コロナウイルス感染症の患が疑われる場合は、利用を控えていただくよう依頼したうえで、受け入れを行うこととします。
*ただし、当該事業の実施が、医療体制の確保に重大な影響を与える場合等には、事業の実施主体と個別に協議・検討の上、事業を中止することがあります。
(2) 私立幼稚園
ア 通常教育期間に係る取り扱い
市立学校園における対応を踏まえ、各園において判断するものとします。
イ 保育を必要とする園児の取り扱い(預かり保育・2歳児接続保育)
保育を必要とする児童(預かり保育の定期利用や2歳児接続保育の対象児)が一定数在籍していることから、可能な限り、家庭保育の協力を依頼したうえで、就労や福祉的配慮など、保護者のニーズや各園の事情を踏まえ、受け入れを実施していただくことをきほんとします。
(3) 児童館・学童保育所等
ア 学童クラブ
原則として、すべての保護者が下記①②のいずれかに該当する世帯を対象に、開所します。
①②に該当しない世帯に対しては、家庭での保育を強く要請します。
尚、①②に該当する場合であっても、利用者の方はもとより、世帯の中で風邪の症状(発熱、咳、鼻水、下痢など)が見られる方がいる場合は、感染拡大防止の観点から、利用を控えていただくよう依頼します。
① 就労のため、職場への出勤が必要場合
② 福祉的配慮(障害、出産、介護、その他配慮の必要な事項)の必要な場合
*期間は4月17日から5月17日までとし、以降は、状況を踏まえたうえで改めて判断します。
イ 自由来館事業、つどいの広場
不特定の児童間の接触があることから、休館・休所します。
ウ 放課後まなび教室
市立小学校における対応を踏まえ、休止します。
(4) 障害児支援施設(児童発達支援・放課後等デイサービス)
原則開所しますが、各事業者において判断するものとします。
(5) こどもみらい館
不特定の利用者の接触がある「元気ランド」は利用休止します。
会議室等の貸館についても、5月31日まで休止します。
(6) こども体育館、青少年活動センター、ひとり親家庭支援センター「ゆめあす」、百井青少年村など
こども体育館、青少年活動センター、ゆめあす、百井青少年村、京あんしんこども館は5月31日まで休止とします。
尚、青少年活動センター、京都若者サポートステーション、ゆめあす及び京あんしんこども館は、電話による相談は受け付けます。
2 区役所・支所こどもはぐくみ室における対応
(1) 事業を中止しているもの
ア 3月5日から中止しているもの
以下の事業は、近距離で会話しながら実施、かつ、知識の提供や交流等を行うものであり、他の相談業務で代替可能であることから、5月31日まで中止します。
イ 4月13日から中止しているもの
4月13日から5月31日まで休止しますが、休止となった対象者全員に対しては、電話や訪問により、丁寧に対応しています。
併せて、心理指導の経過観察が必要と判断される等、特に支援が必要な子どもについては、引き続き、個別相談を行います。3 上記1,2の対応に係る機関の目途
(1) 学童クラブ事業
5月17日(日)まで
*5月18日(月)以降の取り扱いについては、市立小学校における特例預かり等の状況を踏まえて検討します。
(2) 上記以外のもの
5月31日(日)まで

行事等の変更のお知らせ

新型コロナウイルス感染拡大防止のため、以下の予定していたものを変更いたします。

4月22日(水) 茶道教室(きく赤、白組)中止

4月23日(木) リズム教室(きく赤、白組、ふじ赤、白組)中止

4月24日(金) 体操教室(ふじ赤、白組)中止

4月30日(木) 体操教室(きく赤、白組)中止

4月、5月生まれのお誕生日会は延期します。

5月1日(金) こどもの日(ちまきはありません)各クラスで行います。

5月9日(土) 親子遠足 中止

5月11日(木) 内科検診 6月18日(木)に変更

これ以降につきましては、今後の状況により、判断いたします。

新年のご挨拶

あけましておめでとうございます。

歴史の節目を迎えるこの年が、皆様にとりまして

夢と希望に満ちた輝かしい年になりますことを願って

新年のごあいさつを申し上げます。

 今年も職員一同力を合わせて頑張りますのでよろしくお願いします。

梅ノ宮保育園、嵯峨野保育園合同大運動会順延のお知らせ

10月6日(土)に開催を予定しておりました。上記の運動会は、台風25号の影響の為10月7日(日)に順延して、同じ会場、同じ時間で開催いたします。

尚、6日の土曜保育のお子様は、乳児はお給食を用意致しますが、幼児はお弁当を持参して下さい。

順延により、幼児におきましてはお弁当の日が続きますが何卒よろしくお願い致します。

チャイルドカット募金をご寄付いただきました。

 

 

 

 

 

 

平成29年11月24日(金)

ブレスヘアー様(美容室)より、小学生限定チャリティーカットの売上げ金(3万円)を

梅ノ宮保育園にご寄付いただきました。

ブレスヘアー様は「リーベ店」「アルバ店」[クララ店]を経営され、長年の取り組みとして、

小学生限定チャリティーカットを開催して、その売上げ金を様々な所に寄付されておられます。

「ブレスヘアー」社長様はじめ、各店のスタッフの皆様のお心のこもった貴いご寄付を

子ども達のために役立たせたいと存じます。

本当にありがとうございます。